主な8月活動をお伝えします。下記近況をご参照ください。

8月6日
卸団地配送会社団体交渉
組合・県労連役員2名、よさこいユニオン4名
会社・取締役1名、弁護士1名、記録1名

〇2020年11月27日、組合と会社との交渉中、会社役員の以下の発言について
「僕の仕事って、誰かが休んだら必ず僕のところに朝3時だろうが夜中だろうがスナックで飲んでいるときだろうが、従業員から具合が悪いから休みますと連絡が来る。そしたら僕はベロベロだろうが車に乗ってトラックに乗らないといけない仕事。現実、それが現実、それが現実」
【組合】
どのような方法でアルコール検知器をすり抜けたのか?

【会社】
酒を飲んで運転した事実はない。どう評価しようがご自由です。実際インフルエンザにかかって38度の熱が出て運転したことはあります。嘔吐下痢症がでて、それはある。それが現実だからそうです。撤回しません。

【組合】
インフルエンザ感染症も運転してはいけない。今回のインフルエンザ発言も何か月か経ったら嘘をつくのか。会社から録音を申し入れた交渉での飲酒運転発言だ。自ら責任を取れ。


〇2021年6月18日交渉で、会社は「職務手当を元に戻す」という回答について
【会社】
2021年8月分(7/16~8/15)から、乗務員の職務手当を一律4万円で支払いする。整備士1名の職務手当は検討し、後日回答する。今日、ただちに労働協約を結ぶ考えはない。

【組合】
乗務員の職務手当に関しては妥結する。合理的理由なく協約化の拒否は不当労働行為。


〇2021年6月25日、会社従業員が、組合員の私物を器物損壊したことなどについて
【会社】
会社は、関与してないので関係ない。刑事事件になった場合、何らかの処分を検討する。

【組合】
組合員の私物でもあり、組合の共有物でもある。組合は看過しない。


〇その他の事項について
①評価について
【会社】
具体的昇給、賞与査定基準(案)を作成した。基準は5段階評価で全員5評価もあり得る。

【組合】
持ち帰り検討する。ハラスメント、嫌がらせ行為に対する評価がない。


②過去も含めた貸借対照表、損益計算書、売上台帳、賃金台帳(以下書類)の開示について
【会社】
出せない。(理由を尋ねても黙秘)

【会社弁護士】
6月18日、賃金についての交渉で決裂しているものと認識していた。今日の話も含めて開示を検討する。個別具体的な権利に関すること(賃金台帳などプライバシー)は、個別労働者から委任を取ること。

【組合】
組合の認識する決裂は、妥結も収束もしないということ。6月18日交渉でも要求したが、従業員の未払い金に関連して書類の開示が必要。過去現在の収支を見ずにして「未払い賃金戻せ」と要求するのは愚か。個別同意書に関しては検討する。


③休憩時間について
【会社】
 就業規則を変更する必要がある。

【会社弁護士】
検討し、次回団体交渉にて回答する。

【組合】
就業規則、労働条件通知書に休憩時間60分と記載。超える時間は労働時間。就業規則は、従業員代表の許可なく使用者が勝手に変更できない。現従業員代表に変更する意思はない。

8月20日
卸団地配送会社団体交渉
組合・県労連役員1名、よさこいユニオン3名
会社・取締役1名、弁護士1名、記録1名

〇シフトについて
双方おおよそ合意。労働協約(案)協議中。


〇評価について
【会社】
具体的評価査定作成を、コンサルト会社に依頼中。お盆も重なり少し時間がかかる。9月上旬まで待ってほしい。

【組合】
お盆、コロナ禍でもあり、やむを得ない。

〇休憩時間
双方休憩時間は60分と確認した。労働協約(案)協議中。


〇未払い金について
【会社】
・会社は、直近3年分の売り上げ帳簿(貸借対照表、損益計算書)を組合に配布する。
・2021年8月25日に振り込む。誤りがあれば再清算する。従業員未払い請求を組合が委任する場合、従業員から委任された証明を見せてください。

【組合】
・売上帳簿を開示した誠意は評価する。
・8月6日~15日は平和活動、お盆。その後、高知県コロナ感染者急拡大、豪雨災害等重なり、未払い金に関する意見取りまとめが困難な状況だった。組合は、命と健康を守る取り組みを最優先にしているので、意見取りまとめは少し待ってほしい。

【会社】
待てません。取り消しはできません。


〇職務手当について
【会社】
乗務員は、一律の手当てを支払う。
【組合】
合意するので協約を締結すること。

【会社】
労働条件通知書、就業規則など、解釈に相違があるので協約は消極意見です。


〖おわりに〗
今回の未払い金問題について、交渉が難航した時期もありましが、粘り強く交渉した結果、会社側が未払い金清算に応じる姿勢を示したことは、大きな成果と思います。

配送会社組合員の勇気がなければ、処遇改善も実現できなかったと思います。良く頑張りました。

〖勝利の限界点〗

「未払い金がまだ全額清算されてない」とご不満の従業員もおられると思います。

おそらく職務手当などの件でしょうが、組合、会社の主張は平行線のままで、同じことを続けていても理想とする成果は得られないと思います。

民法に定める債務の承認で、時計の針は中断します。一度休憩して整理しましょう。今後一段階上げた闘争を希望する場合、多くの従業員の支持が必要と思います。

8月23日
全日本放送受信料リモート会議
全国から多くの役員、支部長などが参加

〇全受労は、8月に入り2度、NHKに対して「緊急事態宣言拡大訪問自粛」の申し入れを提出。
〇自由討論

8月23日
よさこいユニオンは、NHKに対し、以下の内容の「新型コロナに関しての緊急申し入れ」を提出。

1 面接を要する契約収納業務を、当分の間中止すること。

2 感染終息まで、賃金、事務費の補償。

3 地域スタッフに対し、特別指導の再開をしないこと。

回答日は、9月7日予定です。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)